TOP > 物件検索 > 長野県 > 中軽井沢CC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

募集金額改定

投稿日:2018-05-09
発生日:平成30年6月1日

「中軽井沢カントリークラブ」の会員募集金額を下記の通り改定する。
【募集要項】
(募集会員) 正会員
(募集金額) 8,732,000円(税込)(入会金5,400,000円(税別) 預託金2,900,000円)
(募集口数) 40口

募集価格改定

投稿日:2017-03-17
発生日:平成29年4月1日

「中軽井沢カントリークラブ」は現在行なっている会員募集の金額を下記の通り変更する。
【募集要項】
(募集金額) 正会員 8,212,000円(税込)
       (入会金5,150,000円(税別) 預託金2,650,000円) 
(募集口数) 30口

名義変更期間限定受付

投稿日:2012-02-10
発生日:平成24年2月10日

「中軽井沢カントリークラブ」は名義変更を以下の通り期間限定で開始した。
(実施期間)
 平成24年2月10日から平成24年6月30日まで
(名義変更料)
 正会員  1,050,000円 (税込)

年会費値上げ

投稿日:2011-06-01
発生日:平成23年4月1日

「中軽井沢カントリークラブ」は年会費を下記の通り値上げした。
(会員種別)
 個人正会員  52,500円 → 84,000円(税込)

民事再生法申請

投稿日:2002-07-10
発生日:2002年07月10日

 平成14年7月5日に民事再生法を申請した大日本土木(株)の関連会社、多度軽井沢開発(株)(資本金5000万円 三重県桑名郡多度町古野259)は平成14年7月10日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請し、同日保全命令を受けた。申請代理人は服部弘志弁護士(東京都中央区銀座1-8-14 電話03-3561-8686)。監督委員には小林信明弁護士(東京都千代田区麹町1-6-9 電話03-3238-8515)が選任された。

 同社は大日本土木が軽井沢でのゴルフ場経営を目的に1987年12月、大栄開発(株)として設立。93年7月に(株)中軽井沢カントリークラブに商号変更。96年7月に「中軽井沢カントリークラブ」(18H)をオープン。そのほか「多度カントリークラブ・名古屋」(三重県 18H)を開発。2001年3月期に売上約9億6400万円。2002年同期は約13億8900万円。7月5日に大日本土木が民事再生法を申請。負債は約373億円。

 (株)ユニマットオフィスコのユニマットグループ(東京都港区)が同CCのスポンサーとなる。(株)ユニマットホールディングの子会社となる(株)中軽井沢カントリークラブが同CCの経営を引き継ぐ。退会会員に対し預託金98%カット、残り2%を一括弁済。継続会員は2%を(株)中軽井沢CCに預託(据置期間10年)する。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top