TOP > 物件検索 > 岩手県 > 湯田高原CC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

コース売却

投稿日:2010年01月21日
発生日:平成21年12月24日

昨年12月1日付けで再生手続きが廃止となった湯田高原カン卜リー倶楽部経営の錦秋開発(株)の保全管理人(渡辺昭典弁護士 TEL03-5408-6164)は同CCのゴルフ場事業を再生手続きでのスポンサーだった市川造園土木グループの(株)市川ゴルフ興業に12月24日付けで事業譲渡した。これにより錦秋開発(株)は今年1月7日付けで東京地裁から破産手続開始決定を受けた。3月15日に債権者集会が予定されているが、債権者に配当できる資産がなく破産廃止となる見込み。

再生手続廃止

投稿日:2009年12月01日
発生日:平成21年12月1日

 平成21年4月に民事再生法申請の湯田高原CC経営の錦秋開発(株)は再生計画案の遂行に必要な資金を調達できず、12月1日付で再生手続廃止の決定を受けた。これにより破産手続へと移行する。他に譲渡先が見込めないことから(株)市川ゴルフ興業へ譲渡となる予定で、預託金は継承せずプレー権のみの付与となる。

民事再生法申請

投稿日:2009年04月21日
発生日:平成21年4月21日

 錦秋開発(株)(資本金6000万円 和賀郡西和賀町野々宿62地割203-20)は4月21日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、22日に保全命令を受けた。申請代理人は熊谷信太郎弁護士(東京都千代田区永田町2-11-1 電話03-3597-0013)他。監督委員は渡辺昭典弁護士(東京都港区虎ノ門4-3-1 電話03-5408-6160)。

 同社は1990年7月に設立。1994年に「湯田高原カントリー倶楽部」をオープン。2005年12月期の売上高は約1億6500万円。2007年12月期の売上高は約1億4900万円を計上。負債は約90億円。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top