TOP > 物件検索 > 兵庫県 > センチュリー三木GC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

センチュリー三木GC

プライスナビへ戻る

ファミリー会員・年会費要

投稿日:2018-10-01
発生日:平成30年11月1日

「センチュリー三木ゴルフ倶楽部」はファミリー会員の年会費を今年度より下記の通り課されることとなった。
(年会費)
 ファミリー会員  30,000円(税別)
※今年度は11月からの月割請求(11月~8月分)となる。

無記名法人会員募集

投稿日:2016-11-01
発生日:平成28年11月1日

センチュリー三木ゴルフ倶楽部は無記名法人の会員募集を下記の通り実施する。
【募集要項】
(募集期間) 平成28年11月1日から定員に達するまで
(会員種別) 2名記名+2名無記名 280万円(税別) 70口
       1名記名+2名無記名 210万円(税別) 30口
(年会費)
       2名記名+2名無記名 12万円(税別)
       1名記名+2名無記名  7万円(税別)

年会費値上げ

投稿日:2012-07-10
発生日:平成24年9月1日

センチュリー三木ゴルフ倶楽部は年会費を以下の通り改訂する。
(年会費)
正会員(個・法)  31,500円 → 56,700円
平日会員(土不可) 21,000円 → 37,800円

名義変更開始及び値下げ

投稿日:2010-10-01
発生日:平成22年10月1日

センチュリー三木ゴルフ倶楽部は平成22年10月1日より名義変更を開始するとともに書換料を下記の通り変更した。
(会員種別)
正会員     1,050,000円 → 525,000円
平日(土不可)  525,000円 → 262,500円
同一法人内     262,500円 → 157,500円
相 続      525,000円 → 157,500円

再生計画案認可決定

投稿日:2009-03-18
発生日:2009年03月18日

 民事再生法を申請した細川開発(株)の債権者集会が3月18日に開かれ再生計画案を可決し、同日神戸地裁から認可決定を受けた。自主再建で細川開発は会社分割で吉川GCのゴルフ場事業は吉川開発(株)に継承し、三木GCはセンチュリー三木ゴルフ(株)に継承させる。

 退会会員に対しては預託金の15%を会社分割期日から3カ月以内に一括弁済。継続会員はそれぞれ吉川開発(株)とセンチュリー三木ゴルフ(株)に認可決定確定後2カ月以内に入会申込み、返済額15%のうち10・5%を再預託(5年据置き)し、残4・5%は現金支払いを受ける。

民事再生法申請

投稿日:2008-04-24
発生日:2008年04月24日

 細川開発(株)(資本金3000万円 三木市細川町金屋587-64)は4月24日に神戸地裁へ民事再生法の適用を申請した。申請代理人は東畠敏明弁護士(大阪府大阪市北区西天満4-7-1 電話06-6365-7778)。

 同社は1983年8月に設立。「センチュリー吉川ゴルフ倶楽部」(18ホール)を85年11月にオープンし、「センチュリー三木ゴルフ倶楽部」(18ホール)を90年12月にオープンした。2コースで96年8月期には売上高約18億7000万円を計上。2000年8月期の売上高は約12億2400万円に減少。99年には預託金償還期間の10年間延長を要請。負債は預託金を含め約140億円。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top