TOP > 物件検索 > 沖縄県 > オリオン嵐山GC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

オリオン嵐山GC

プライスナビへ戻る

ゴルフ場営業終了

投稿日:2019年09月06日
発生日:2021年度中

「オリオン嵐山ゴルフ倶楽部」は2021年中に営業を終えることが2019年9月2日に明らかとなった。同ゴルフ場の敷地にテーマパークを開業する計画で、テーマパークを開業する(株)ジャパンエンターテイメントとオリオンビール(株)子会社のゴルフオリオン嵐山ゴルフ倶楽部(株)の間で賃貸借契約が締結された。説明会を2019年9月中に実施予定でテーマパーク開業は2025年頃を目指す計画である。会員権は会員から正会員50万円、平日会員40万円買い取る予定としている。

コース名変更

投稿日:2002年12月16日
発生日:平成14年12月16日

「嵐山ゴルフ倶楽部」はゴルフ場名を「オリオン嵐山ゴルフ倶楽部」に変更した。

民事再生法申請

投稿日:2001年12月04日
発生日:2001年12月04日

 プレミアゴルフ(株)(資本金67億8000万円 東京都豊島区東池袋3-1-1)は平成13年12月4日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請した。申請代理人は加々美博久弁護士(東京都港区虎ノ門3-8-21 電話03-3437-2211)。

 同社は1992年(平成4年)4月に(株)に設立。セゾングループ、(株)西洋環境開発の5コース「美浦ゴルフ倶楽部」(茨城県、18H)、「桂ゴルフ倶楽部」(北海道18H)、「たけべの森ゴルフ倶楽部」(岡山県、18H)、「若木ゴルフ倶楽部」(佐賀県、18H)、「嵐山ゴルフ倶楽部」(沖縄県、18H)の経営を譲り受け、97年1月期に売上高約38億3500万円を計上。2001年同期には売上高約32億1500万円、当期損失約9億5000万円を計上。2001年4月、セゾングループは外資系ファンドへ売却。負債は約414億6800万円。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top