TOP > 物件検索 > 愛媛県 > 松山ロイヤルGC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

松山ロイヤルGC

プライスナビへ戻る

再生手続終結決定

投稿日:2010年08月20日
発生日:2010年7月23日

再生計画認可の決定が確定後3年経過したとして7月23日に東京地裁から再生手続終結の決定を受けた。

再生計画案可決 

投稿日:2007年06月13日
発生日:2007年06月13日

 民事再生手続中の日本ゴルフ開発(株)の債権者集会が開かれ再生計画案を可決した。同社が経営している松山ロイヤルGC、新岡山CC、ラ・レインボーCCの3コース全てを営業譲渡し、日本ゴルフ開発(株)を清算予定。退会会員は預託金の99%をカットし、残りに1%を再生計画認可決定が確定後180日以内に一括弁済。継続会員の預託金は99%カット後の1%を新預託金(10年据え置き)。松山ロイヤルCCの譲渡先はPG(PGGIH)グループのPGPとなる。

民事再生法申請

投稿日:2006年08月22日
発生日:2006年08月22日

 日本ゴルフ開発(株)(資本金4800万円 岡山県岡山市富田町1-5-12)は8月22日に東京地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。申請代理人は安田修弁護士(東京都千代田区紀尾井町3-20 電話03-3288-5228)。監督委員には加茂善仁弁護士(東京都中央区八重洲2-8-7 電話 03-3275-3031)が選任された。
 
 同社は1970年8月に設立。「松山ロイヤルゴルフ倶楽部」(愛媛県伊予市 18H)、「新岡山カントリー倶楽部」(岡山市 18H)、「ラ・レインボーカントリー倶楽部」(岡山市 27H)をを経営。94年2月期には売上高約38億3700万円を計上。2006年同期の売上高は約8億2000万円にまで減少。負債は約430億円。 

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top