TOP > 物件検索 > 栃木県 > ましこGC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

ましこGC

プライスナビへ戻る

名義変更停止

投稿日:2018年04月30日
発生日:平成30年5月1日

「ましこゴルフ倶楽部」は会員募集の名義変更を停止する。
(実施期間) 平成30年5月1日から当面の間

名義変更開始

投稿日:2013年03月27日
発生日:平成25年4月1日

「ましこゴルフ倶楽部」は名義変更を以下の通り開始する。
(名義変更料)
正会員   105,000円

コース名変更

投稿日:2009年07月01日
発生日:平成21年7月1日

ゴルフ&スポーツましこ倶楽部(18H 栃木県芳賀郡益子町大字大沢2202-8)は平成21年7月1日付けでゴルフ場名を「ましこゴルフ倶楽都」に変更する。

コース売却

投稿日:2009年03月10日
発生日:平成21年3月10日

ゴルフ&スポーツましこ倶楽部を経営する日本リクレート(株)(破産管財人 滝久男弁護士)は3月10日付けで管財人と経営会社の代表者関連の(株)ジョイが合意し、債権回収機構の抵当権やゴルフ場施設を取得して経営することとなった。管財人は4月中旬に会員に対し、配当はないがプレー権は保障されると案内した。会員権は正会員の個人会員か法人会員かに統一し、一代限りの正会員もしくは名義変更可能な正会員から選択することとなる。旧経営会社が破産した当時の登録会員数は1196名(個人1024名、法人172名)で預託金付きが689名、残りは預託金のないプレー会員だった。

破産手続廃止決定

投稿日:2006年07月07日
発生日:2006年07月07日

 6月23日に東京地裁へ破産手続きの開始を申請したゴルフ&スポーツましこ倶楽部を経営する日本リクレート(株)は、7月7日に同地裁から破産手続き開始の決定を受けた。破産管財人に滝久男弁護士(奧野総合法律事務所 TEL03-3274-3805)が選任された。ゴルフ場は現在も運営会社のましこ倶楽部サービス?が営業を続けていて、管財人は今回の破産で直ちにゴルフ場が閉鎖されることはないとしている。

自己破産申請

投稿日:2006年06月23日
発生日:2006年06月23日

 日本リクレート(株)(資本金8000万円 東京都文京区小石川2-1-1)は6月23日に東京地裁へ自己破産を申請した。申請代理人は武内秀明弁護士(東京都中央区京橋1-5-5 電話03-5200-0234)他。

 同社は1987年2月に設立。97年7月にオープン。98年12月期には売上高約4億1900万円を計上。99年にゴルフ場の運営・管理を別会社に委託。翌年8月から40億円超の預託金償還が始まるので今回の措置となった。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top