TOP > 物件検索 > 山梨県 > シャトレーゼヴィンテージGC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

シャトレーゼヴィンテージGC

プライスナビへ戻る

クラブ名改称

投稿日:2019-02-06
発生日:2018年12月1日

「ヴィンテージゴルフ倶楽部」は洋菓子のシャトレーゼグループ傘下となったことにより2018年12月1日よりゴルフ場名を「シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部」に変更した。

コース売却

投稿日:2016-07-06
発生日:平成28年7月1日

破産手続を行っていた「ヴィンテージゴルフ倶楽部」は平成28年7月1日より洋菓子のシャトレーゼグループで営業を開始した。旧会員に対しては7月中に会員登録をするように要請し、現会員をプレー権で引き継ぐ予定だ。

破産手続開始決定

投稿日:2015-09-17
発生日:2015年9月15日

 ヴィンテージリゾート(株)(資本金7500万円 北杜市須玉町江草3072)および(株)ヴィンテージファーム(資本金500万円)は9月15日に甲府地裁より破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は田邊護弁護士(甲府市中央1-1-18 柳町法律事務所 電話055-233-7124)。第1回債権者集会は12月25日に開催予定。

 ヴィンテージリゾート(株)は2000年(平成12年)3月に設立。2000年10月に民事再生法の適用を申請した(株)ダイワヴィンテージ(北杜市)が運営する「ヴィンテージゴルフ倶楽部」を継承することでスタートした。レストラン「ルヴェール」、酒菜処「茅ケ岳」、ワインセラー「エスカルゴ」などを運営し、2012年2月期には売上高約6億円を計上。しかし2015年2月期の売上高は約4億3300万円にまで減少した。また野菜栽培加工を手がける関係会社(株)ヴィンテージファームは野菜加工場を建設し、ヴィンテージリゾート(株)が建設費用の連帯保証人となっていたが、建築資金約1億9000万円が長期にわたり未払状態となっていたため建設業者から甲府地裁に第三者破産を申し立てられていた。負債は2015年2月期末時点でヴィンテージリゾート(株)が約109億円(うち金融債務4000万円、他は長期預り金)。(株)ヴィンテージファームが約4億円(うち金融債務2億5000万円)で2社合計で約113億円。

名義変更料期間限定値下げ

投稿日:2012-01-10
発生日:平成23年12月23日

ヴィンテージゴルフ倶楽部は名義変更料を下記の通り減額した。
(実施期間)
平成23年12月23日から平成24年7月23日まで
(名義変更料)
正会員   1,050,000円 → 525,000円
平日会員   630,000円 → 315,000円

名義変更開始

投稿日:2009-11-27
発生日:平成21年12月1日

(名義書換料)
正会員  1,050,000円
平日会員(土不可) 630,000円

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top