TOP > 物件検索 > 埼玉県 > 美里GC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

名義変更開始

投稿日:2016-10-18
発生日:平成28年11月1日

美里GC(埼玉)名変再開
「美里ゴルフ倶楽部」(美里ロイヤルゴルフクラブ共通)は名義変更を開始する。
(名義変更料)
 正会員     300,000円(税別)
 平日会員    200,000円(税別)
 特別平日会員  150,000円(税別)
・同一法人内(全種別) 50,000円(税別)
・相続 
 正・平日会員  50,000円(税別)
 特別平日会員  30,000円(税別)

再生計画案可決

投稿日:2016-06-01
発生日:2016年06月01日

 「美里ゴルフ倶楽部」及び「美里ロイヤルゴルフクラブ」の2コースを経営する市川総業(株)の債権者集会が平成28年6月1日に開かれ、賛成多数で民事再生計画を可決し、同日東京地裁から認可決定を受けた。

再生計画案配布

投稿日:2016-03-14
発生日:2016年03月14日

 市川造園土木グループで「美里ゴルフ倶楽部」と隣接の「美里ロイヤルゴルフクラブ」を経営する市川総業(株)は東京地裁から付議決定を受け、債権者に民事再生計画案を配布した。付議決定を受けたのは平成28年3月14日付提出の再生計画案で、書面投票期間は同年5月24日まで、債権者集会期日は同年6月1日午前11時となっている。

 再生計画案によると、自主再建型で、一般債権者および退会する会員債権者に対しては5万円を超える部分は89.5%カットされる(平均弁済率約11.4%)。弁済方法は計10回の分割弁済。会員契約を継続する場合は一般債権者と同様の弁済額を新預託金(10年据置)とした新証書を発行し、10年後以降に退会する場合は退会日から1ヶ月後に一括して返還をする。弁済原資については、保有する資産および将来の事業収益をもとに行う

民事再生法適用申請

投稿日:2015-12-07
発生日:平成27年12月04日

 市川総業(株)(資本金1000万円 練馬区大泉学園町8-18-10)は12月4日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。申請代理人は植松泰子弁護士(港区虎ノ門1-1-28 シティ法律事務所 電話03-3580-0123)。監督委員は高松薫弁護士(千代田区霞が関3-2-5 隼あすか法律事務所 電話03-3595-7070)。

 同社は1972年(昭和47年)9月に設立。埼玉県内にある「美里ゴルフ倶楽部」および「美里ロイヤルゴルフクラブ」の2カ所のゴルフ場を経営。2001年8月期に年売上高約21億7900万円を計上。2014年8月期の年売上高は約9億1600万円に減少。負債は2015年8月期末時点で債権者約1800名に対し約92億5900万円。 なお「美里ゴルフ倶楽部」及び「美里ロイヤルゴルフクラブ」の運営は現在も継続している。

名義変更料改定

投稿日:2009-08-14
発生日:平成21年8月14日

下記の通り相続及び同一法人内の名義書換料を改定した。
(相 続)
正会員 105,000円
平日会員(土不可)52,500円
(同一法人内)
正会員 105,000円
平日会員(土可) 105,000円

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top