TOP > 物件検索 > 静岡県 > 富士宮GC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

名義変更料期間限定値下げ延長

投稿日:2021年01月06日
発生日:2021年1月1日

「富士宮ゴルフクラブ」は期間限定・名義変更料の値下げ期間を下記の通り延長する。
(実施期間) 2021年1月1日から当分の間
(名義変更料)
 正会員       500,000円 → 300,000円(税別)
 平日会員(土 可) 300,000円 → 200,000円(税別)
 平日会員(土不可) 300,000円 → 100,000円(税別)
 H3正会員    1,000,000円 → 600,000円(税別)
※M1会員及びM3会員は対象外 

名義変更料期間限定値下げ

投稿日:2020年07月01日
発生日:2020年7月1日

「富士宮ゴルフクラブ」は名義変更料を期間限定で下記の通り減額する。
(実施期間)2020年7月1日から2020年12月31日まで
(名義変更料)
 正会員       500,000円 → 300,000円(税別)
 平日会員(土 可) 300,000円 → 200,000円(税別)
 平日会員(土不可) 300,000円 → 100,000円(税別)
 H3正会員    1,000,000円 → 600,000円(税別)
※M1会員及びM3会員は対象外 

入会資格変更

投稿日:2020年01月14日
発生日:既実施

「富士宮ゴルフクラブ」は入会条件を下記の通り一部変更した。
【入会資格】
(国 籍)
 外国籍入会不可 → 外国籍入会可
(紹介者)
 会員2名の推薦保証人が必要(会員種別は不問) → 会員1名の紹介者が必要(会員種別・在籍年数は不要)

中間法人名称変更

投稿日:2009年11月10日
発生日:

「富士宮ゴルフクラブ」は中間法人の名称が下記の通り変更された。
(中間法人名称)
「一般社団法人富士宮ゴルフクラブ」

再生手続終結決定

投稿日:2006年07月25日
発生日:2006年07月25日

「富士宮ゴルフクラブ」は7月25日に再生手続きの終結決定を受けた。

民事再生法申請

投稿日:2002年11月28日
発生日:2002年11月28日

 富士宮観光開発(株)(資本金2000万円 静岡県富士宮市野中1127-1)と関係会社の沼津観光開発(株)(資本金4000万円 静岡県沼津市足高字尾上441)の2社は平成14年11月28日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請した。申請代理人は兒玉譲弁護士(東京都中央区銀座1-8-16、電話03-3567-7319)。

 富士宮観光開発(株)は1961年7月に設立。62年に「富士宮ゴルフクラブ」(静岡県富士宮市 18ホール)をオープン。99年6月期は売上高約5億6200万円を計上。2002年同期の売上高は約4億8900万円に減少。

 沼津観光開発(株)は1963年4月に設立。64年に「沼津ゴルフクラブ」(静岡県沼津市 27ホール)をオープン。98年8月期には売上高約8億4000万円を計上。2002年同期の売上高は約5億5000万円に減少。負債は富士宮観光開発が約44億円うち預託金約39億円。沼津観光開発が約52億円うち預託金債務約47億円。2社合計で約96億円。

 富士宮の計画案は退会会員及び一般債権者へは債権の90%カットし、残りを5年間5回に分け弁済。継続会員は預託金債権の28%をカットし、弁済金を除いた金額を新預託金(平成25年6月30日まで据置き)とする。預託金額面1300万円の継続会員は希望により435万円2口と430万円1口の計3口に分割できる。新預託金は中間法人が経営会社の株式を引き受ける資金となる。資本金2000万円は100%減資。新株発行予定の51%を経営会社に割当て、残り49%を中間法人に割当てる。

 沼津の計画案は退会会員及び一般債権者へは債権の90%カットし、残りを5年間5回に分け弁済。継続会員は預託金債権の30%をカットし、残りを新預託金(平成25年8月31日まで据置き)とする。資本金4000万円は100%減資。新株発行予定の約40%を経営会社に割当て、残り約60%を株式の引受会員(預託金なしのプレー権)を募集して増資を行う。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top