TOP > 物件検索 > 岐阜県 > 美岳CC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

民事再生法適用申請

投稿日:2020年11月09日
発生日:2020年11月6日

 (株)美岳カントリークラブ(資本金1000万円 可児郡御嵩町前沢8075-3)は11月6日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全・監督命令を受けた。申請代理人は植松泰子弁護士(東京都港区虎ノ門1-1-28 シティ法律事務所 電話03-3580-0123)。監督委員には本山正人弁護士(東京都中央区八丁堀4-1-3 岩崎・本山法律事務所 電話03-6222-8075)が選任された。

 同社は1962年(昭和37年)12月に設立。「美岳カントリークラブ」(岐阜県可児郡)を75年11月にオープン。2001年6月に商号を(株)美岳カントリークラブから(株)美岳開発に変更。その後更に商号変更し、2012年4月に(株)朝日コーポレーションとなる。2003年6月に(株)美岳カントリークラブが同ゴルフ場運営事業を承継した後、グループの管理統括業務や投融資業を行ってきた。

 2015年2月には関係会社から「フォレスト旭川カントリークラブ」を承継し、2017年3月期に年売上高約4億6700万円を計上。2018年3月期および2019年3月期、2期連続赤字決算にとなる。この後グループ事業の再編を進め2019年4月、関係会社に同社の「フォレスト旭川カントリークラブ」および投融資事業に関する権利義務を承継する一方、同年6月には(株)美岳カントリークラブを吸収合併し、商号を(株)朝日コーポレーションから(株)美岳カントリークラブに変更、「美岳カントリークラブ」の運営に事業を転換。預託金償還問題を抱えていたことに加え、今年に入り新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴いプレー収入が減少したことで法的手続きにより再生を目指すこととなった。負債は債権者数約2800名に対し約30億9400万円(うち預託金が約29億8900万円)。

名義変更料改定

投稿日:2014年07月14日
発生日:平成26年8月10日

美岳カントリークラブは名義変更料を以下の通り改定する。
(名義変更料)
正会員    150,000円(税別) → 100,000円(税別)
       特別預託金 10万円 → 20万円
プラチナ会員 50,000円(税別)

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top