TOP > 物件検索 > 大阪府 > 阪奈CC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

名義変更料期間限定値下げ延長

投稿日:2019-01-04
発生日:2019年1月1日

「阪奈カントリークラブ」は名義変更料の値下げ期間を下記の通り延長する。
(実施期間) 2019年1月1日から当分の間
(名義変更料)
 正会員       500,000円 → 200,000円(税別)
・同一法人内     250,000円 → 125,000円(税別)
・相続(3親等内)   250,000円 → 125,000円(税別)
※預託金充当可能。上限207,900円。

名義変更料期間限定値下げ延長

投稿日:2017-12-22
発生日:平成30年1月1日

「阪奈カントリークラブ」は名義変更料の値下げ期間を下記の通り延長する。
(実施期間) 平成30年1月1日から平成30年12月30日まで
(名義変更料)
 正会員       500,000円 → 200,000円(税別)
・同一法人内     250,000円 → 125,000円(税別)
・相続(3親等内)   250,000円 → 125,000円(税別)
※預託金充当可能。上限207,900円。

名義変更料期間限定値下げ延長

投稿日:2016-12-27
発生日:平成29年1月1日

「阪奈カントリークラブ」は名義変更料の値下げ期間を下記の通り延長する。
(実施期間) 平成29年1月1日から平成29年12月30日まで
(名義変更料)
 正会員       500,000円 → 200,000円(税別)
・同一法人内     250,000円 → 125,000円(税別)
・相続(3親等内)   250,000円 → 125,000円(税別)

名義変更料期間限定値下げ延長

投稿日:2016-09-29
発生日:平成28年10月1日

「阪奈カントリークラブ」は名義変更料の値下げ期間を下記の通り延長する。
(実施期間) 平成28年10月1日から平成28年12月31日まで
(名義変更料)
 正会員       500,000円 → 200,000円(税別)
・同一法人内     250,000円 → 125,000円(税別)
・相続(3親等内)   250,000円 → 125,000円(税別)

名義変更料期間限定値下げ及び預託金充当

投稿日:2016-03-09
発生日:平成28年4月1日

「阪奈カントリークラブ」は名義変更料を期間限定で以下の通り値下げする。
(実施期間) 平成28年4月1日から平成28年9月30日まで
(名義変更料)
 正会員       500,000円 → 200,000円(税別)
・同一法人内     250,000円 → 125,000円(税別)
・相続(3親等内)   250,000円 → 125,000円(税別)
【預託金充当】
(実施期間) 平成28年4月1日から平成28年9月30日まで
(充当上限額)
 正会員       207,900円
・相続及び同一法人内 135,000円
【預託金据置期間】
名義変更料受領日から10年間

コース売却

投稿日:2008-11-06
発生日:平成20年11月6日

 アーバンクラシックの株式を11月6日付けでエーシーキャピタル(株)に売却。エーシーキャピタルは北海道クラシックGC(北海道)、北海道クラシックGC帯広(北海道)、北海道GC(北海道)、帯広白樺CC(北海道)、富士クラシック(山梨)、阪奈CC(大阪)の6コースを買収した。

民事再生法申請 

投稿日:2008-08-13
発生日:2008年08月13日

 グループでゴルフ場を8コース保有する(株)アーバンコーポレイション(広島市中区上八丁堀4-1 資本金190億7300万円)は8月13日、東京地裁に民事再生法の適用を申請。申請代理人は藤原総一郎弁護士(TEL03-5223-7729)。監督委員は清水建夫弁護士(TEL03-5568-7601)が選任された。アーバンコーポは8月18日に東京地裁から再生手続開始決定を受けた。

(グループ8コース)
 北海道GC苫小牧C(北海道)、北海道クラシックGC(北海道)、北海道クラシックGC帯広(北海道)、帯広白樺CC(北海道)、富士クラシック(山梨 )、白川国際CC(福島)、郡山熱海CC(福島)、阪奈CC(大阪)。

更生手続開始決定 

投稿日:2005-07-31
発生日:2005年07月31日

 民事再生法の適用を申請していた阪奈カントリー倶楽部を経営する阪奈土地建設(株)は平成17年7月31日付けで大阪地裁より更生手続き開始の決定を受けた。更生法申立の代理人は藤原総一郎弁護士他。管財人には小松陽一郎弁護士(TEL06-6221-3355)が選任された。会員以外の一部債権者が再生法による再建に反対し、7月8日に大阪地裁へ会社更生法の適用を申請していた。

 同CCを経営する阪奈土地建物(株)の更生計画案の賛否を問う決議が可決し6月30日付けで大阪地裁が認可決定を下した。退会会員に対しては預託金の93・7%をカットし、残り6・3%を更生計画認可決定後3ヶ月以内に弁済する。継続会員は6・3%が新預託金(平成28年11月30日まで据置)となる。計画案は(株)アーバンコーポレイショングループがスポンサーとなり再建する。アーバンコーポレイショングループのゴルフ場は8コース目となる。

民事再生法申請

投稿日:2005-05-19
発生日:2005年05月19日

 阪奈土地建設(株)(資本金1000万円 大阪府大東市龍間358-1)は平成17年5月19日に大阪地裁へ民事再生法を申請した。申請代理人は徳永信一弁護士(大阪市北区南森町1-3-27 電話06-6364-2715)。監督委員には阿多博文弁護士(大阪市中央区高麗橋3-1-14 電話06-4707-6206)が選任された。

 同社1960年5月に設立。74年8月に「阪奈カントリークラブ」(18ホール)をオープン。92年8月にはミニコース「スポーツヒルズ大阪」、95年9月には「ホテル阪奈」をオープン。98年4月期に売上高約24億1800万円を計上。2004年同期の売上高は約17億円に減少し債務超過に陥る。負債は金融債務を中心に約196億円。

名義変更料値下げ期間延長

投稿日:
発生日:2019年1月1日

「阪奈カントリークラブ」は名義変更料の値下げ期間を下記の通り延長する。
(実施期間) 2019年1月1日から当分の間
(名義変更料)
 正会員       500,000円 → 200,000円(税別)
・同一法人内     250,000円 → 125,000円(税別)
・相続(3親等内)   250,000円 → 125,000円(税別)
※預託金充当可能。上限207,900円。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top