TOP > 物件検索 > 埼玉県 > ノーザンCC錦ヶ原 > プライスナビ > 関連記事

関連記事

ノーザンCC錦ヶ原

プライスナビへ戻る

再生計画案認可決定 

投稿日:2003年02月06日
発生日:2003年02月06日

 民事再生法の適用を申請した日東興業グループ11社に対し、東京地裁は平成15年2月6日付けで再生計画の認可決定を下した。計画案では預託金は97.4から98%カット。残りが預託金となり、据置期間を設けず随時返済。日東興業グループの株式上場がなされた場合、希望する会員に優先的に株式を時価で割り当てる。退会会員に対する弁済率は2.0?2.6%で再生計画の確定日から9ヶ月以内に一括して支払う。

 同グループ(株)國際友情倶楽部経営の浜野GCは過半数の債権者の反対で再生手続き廃止となった。同グループで唯一再生計画案が否決され、同グループ傘下から離脱。会員側が申請している更生手続きに向かう。ゴールドマンサックスは11社の再生計画案が成立したことから、同案に基づき取得済みの債権約162億円強のうち、國際友情の債権約55億円強を除く106億円強を放棄する。

民事再生法申請

投稿日:2002年07月15日
発生日:2002年07月15日

 日東興業(株)(資本金28億1600万円 東京都千代田区猿楽町2-8-16)はグループ11社とともに平成14年7月15日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請した。申請代理人は才口千晴弁護士(東京都港区虎ノ門3-11-9 電話03-3432-7889)他。監督委員には矢島匡弁護士(東京都中央区八重洲1-6-17 電話03-3272-4066)が選任された。

 同社は1960年3月に設立。グループ会社を含め国内で30ヵ所、米国など海外で7ヵ所を経営。96年9月期に売上高約290億円を計上。グループ全体の会員数は7万3170名(97年12月)。同社のほかグループ11社も同日民事再生手続き開始を申請している。負債は12社合計で預託金債務約2641億円を含め約4269億円。

(国内グループコース一覧)
 グリーンアカデミーカントリークラブ、リベラルヒルズゴルフクラブ、水戸・ゴルフ・クラブ、ツインレイクスカントリー倶楽部、緑野カントリークラブ、ノーザンカントリークラブ赤城ゴルフ場、ノーザンカントリークラブ上毛ゴルフ場、ノーザンカントリークラブ錦ケ原ゴルフ場、双園ゴルフクラブ、 大平台カントリークラブ、 習志野カントリークラブキングクイーンコース、習志野カントリークラブ空港コース、浜野ゴルフクラブ、花生カントリークラブ 、伊豆国際カントリークラブ 、大沼レイクゴルフクラブ、男鹿ゴルフクラブ、花の杜ゴルフクラブ、宮城野ゴルフクラブ、フクイカントリークラブ、新陽カントリー倶楽部、双鈴ゴルフクラブ、名松・ゴルフクラブ、万壽ゴルフクラブ、藤原ゴルフクラブ、別府ニットーゴルフクラブ、長崎パークカントリークラブ、青島ゴルフ倶楽部、湯の浦カントリー倶楽部 。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top