TOP > 物件検索 > 埼玉県 > 武蔵の杜CC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

コース名変更

投稿日:2005-10-01
発生日:平成17年10月1日

平成17年10月1日、ゴルフ場名を「武蔵の杜カントリークラブ)」に変更

再生計画案配布

投稿日:2005-09-09
発生日:2005年09月09日

 奥武蔵産業(株)のスポンサーとして全日空系列の全日空商事グループが内定。再生計画案の認可決定確定後1週間以内に全日空商事又はその子会社が奥武蔵産業の株式の90%を取得する。グループとして初のコースとなる。親会社の全日空としては石垣島GC(18H 沖縄)とANAダイヤモンドGC(36H 北海道、三菱マテリアルと共同)に次ぐ3コース目となる。残り10%の株式を会員が社員となる有限責任中間法人奥武蔵カントリークラブ(清水靖雄代表理事)が保有する。預託金については全会員に98%カット後の2%を確定の日から3ヶ月以内に弁済。無額面で譲渡可のプレー会員権を発行する。計画案の決議を問う債権者集会は9月9日に開催される。

民事再生法申請

投稿日:2004-10-08
発生日:2004年10月08日

 奥武蔵産業(株)(資本金3億円 入間郡越生町上谷1028)は平成16年10月8日に東京地裁へ民事再生法を申請した。申請代理人は服部弘志弁護士(東京都中央区銀座1-8-14 電話03-3561-8686)ほか。

 同社はゴルフ場経営を目的として1974年10月に設立。79年11月に「奥武蔵カントリークラブ」(18ホール)をオープン。97年12月期に売上高約10億600万円を計上。2003年同期の売上高は約6億4200万円に減少。負債は約110億円。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top