TOP > 物件検索 > 群馬県 > 鳳凰GC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

再生計画案認可

投稿日:2018-07-06
発生日:平成30年7月4日

 「鳳凰ゴルフ倶楽部」を経営する太田資源開発(株)は平成30年7月4日に開かれた債権者集会で再生計画案が可決され、東京地裁から同日認可決定を受けた。再生計画案認可決定確定後1ヶ月内にスポンサーの(株)祥和コーポレーションに売却予定である。

再生計画案配布

投稿日:2018-06-08
発生日:平成30年6月8日

 平成30年2月に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した太田資源開発(株)が経営する「鳳凰ゴルフ倶楽部」の再生計画案が配布され、30年6月26日期限の書面投票及び同年7月4日に開かれる債権者集会でスポンサーを(株)祥和コーポレーションとする再生計画案が決議されることとなった。
 債権者への弁済はスポンサーからの拠出金により、再生計画認可決定確定から4ヶ月以内に4.4%の弁済を行なう。ただし、4000万円を超える部分については3%弁済とする。継続希望会員は弁済を受けたうえで無額面会員としてプレーでき、会員権を市場売却することも可能としている。

スポンサー選定

投稿日:2018-02-23
発生日:平成30年2月15日

 平成30年2月9日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した「鳳凰ゴルフ倶楽部」を経営する太田資源開発(株)は2月15日に開いた説明会でスポンサーを明らかにした。スポンサーに選定されたのは産業廃棄物処理・リサイクル事業を行っている砕石メーカーの藤坂(栃木県佐野市)グループの(株)祥和コーポレーション。債権者集会は7月中に開かれる予定である。

民事再生法申請

投稿日:2018-02-09
発生日:平成30年2月9日

 太田資源開発(株)は平成30年2月9日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。申請代理人は舟橋茂紀弁護士(東京都千代田区丸の内1-5-1 ノイエスト総合法律事務所)他2名。監督委員には綾克己弁護士(東京都千代田区大手町1-8-1 ときわ法律事務所)が選任された。

 同社は1971年10月設立、「鳳凰ゴルフ倶楽部」をオープン。1992年月売上高22億円を計上。バブル期に不動産業に進出し、和食料理店「風月」を2店舗を経営。2016年3月期は売上高7億8千万円に減少。約92億の預託金償還問題でこの度の申請となった。なおスポンサー企業は既に決まっており、認可決定後このスポンサーのもと再建を目指すとしている。負債は債権者5,900名に対し、112億円(うち預託金約92億円)。

名義変更停止

投稿日:2018-02-09
発生日:平成30年2月9日

「鳳凰ゴルフ倶楽部」の経営会社である太田資源開発(株)の民事再生法適用申請のため名義変更を停止する。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top