TOP > 物件検索 > 栃木県 > 黒磯CC > プライスナビ > 関連記事

関連記事

ゴルフ場閉鎖

投稿日:2013年03月11日
発生日:平成25年3月31日

黒磯カントリー倶楽部は平成25年3月31日でゴルフ場を閉鎖する。会員は年会費25,200円を支払うことで矢板カントリークラブの会員として登録が可能。黒磯CCでは長引く不況や国内ゴルフ人口の減少、東日本大震災・原発の風評被害などでゴルフ場事業の継続が困難となったためと説明している。

コース売却

投稿日:2009年03月06日
発生日:平成21年3月6日

黒磯カントリー倶楽部が経営交代した。同CCを取得したのはアルファクラブ武蔵野(株)(さいたま市見沼区上山口新田53-1 資本金1億5291万円)。今年2月に同CCを保有する有限会社黒磯カントリー倶楽部(資本金300万円)を買収した。アルファクラブ武蔵野は同日付けで同CCの用地に極度額2億5000万円の根抵当権を設定した。黒磯CCは平成18年9月6日に同CC経営の富国開発(株)が破産。前経営者は平成19年に破産管財人から推定約2憶円で買収していた。

コース売却

投稿日:2007年07月20日
発生日:平成19年7月20日

ゴルフ倶楽部ゴールデンウッド(18ホール 栃木県大田原市北野上3604-2)と黒磯カントリー倶楽部(18ホール、栃木県大田原市河原2008)の2コースを今年4月に設立された会社が買収。買収したのは(株)GREENTRUST(東京都港区西新橋3-4-2 資本金1000万円)で、今年5月末に日本健康産業(株)(栃木県那須塩原市)からGCゴールデンウッドを取得。黒磯CCについては破産した同CC経営会社、富国開発(株)の近藤登管財人から同CCを推定約2億円で買収した。

自己破産申請

投稿日:2006年08月25日
発生日:2006年08月25日

 富国開発(株)(資本金2300万円 東京都港区新橋2-20)は8月25日に東京地裁へ自己破産を申請した。申請代理人は木下貴司弁護士(東京都千代田区麹町2-2 電話03-3221-7315)。

 同社は1972年9月に設立。75年7月には那須郡黒羽町(現・大田原市)に「黒磯カントリー倶楽部」(18H)をオープン。93年3月期には売上高約7億4000万円を計上。98年同期は売上高約3億4800万円に減少し、今回の措置となった。負債は約45億円。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

プライスナビへ戻る

page_top