法的整理コース

かすみがうらゴルフクラブ/旧・かすみがうらOGM
再生計画案認可決定 発生日:2008年02月20日
投稿日:2008年02月20日

 かすみがうらOGMゴルフクラブ(旧・霞ケ浦出鳥GC、27H、茨城県かすみがうら市田伏5136)を経営し、民事再生手続中の(株)霞ヶ浦出島ゴルフ倶楽部の債権者集会が2月20日に東京地裁で開かれ、再生計画案が可決し同日、同地裁から認可決定が下りた。昨年10月に同社から事業譲渡を受けたオリックスグループの(株)ゴルフホリックが再建を進める。会員債権者ヘの弁済方法は退会・継続を問わず95・2%カットし、残る4・8%を認可決定確定日から3カ月以内に一括弁済する。継続会員は(株)ゴルフホックヘ入会申込みを行い、年会費が完納されていれば無条件に継続され、無額面で譲渡可能なプレー会員権が発行される。

民事再生法申請 発生日:2007年07月02日
投稿日:2007年07月02日

 (株)霞ケ浦出島ゴルフ倶楽部(資本金5000万円 茨城県かすみがうら市田伏5136)は7月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。申請代理人は磯貝英男弁護士(千代田区一番町10-8 電話03-3263-0777)、綾克己弁護士(千代田区丸の内2-2-1 電話03-5224-5566)。監督委員は三村藤明弁護士(港区虎ノ門1-6-12 電話03-3519-8321)。

 (株)霞ケ浦出島ゴルフ倶楽部は76年に霞ケ浦出島開発(株)の経営を引き継ぎ、霞ケ浦出島カントリークラブ担保付会員組合がその債権債務を継承し1979年2月に設立された。94年12月期には売上高約12億6000万円を計上。2003年12月期の売上高は約6億8000万円に減少。負債は約141億円(預託金133億円を含む)。

page_top