法的整理コース

水戸グリーンカントリークラブ
再生計画の弁済前倒し 発生日:2007年04月14日
投稿日:2007年04月14日

 昨年9月6日に再生計画案が可決した「水戸グリーンCC」(茨城県)及び「夏泊Gリンクス」(青森県)を経営するエビハラスポーツマン(株)は再生計画の弁済条件を一部改定した。退会会員を含む一般債権者で、分割弁済を選択したもの(債権の8%を6回分割弁済)には第1回弁済を今年の5月末日とし、2回目以降を来年から毎年3月末日支払に変更。

再生計画案認可 発生日:2006年09月06日
投稿日:2006年09月06日

 水戸グリーンCC(茨城県)を経営するエビハラスポーツマン?の債権者集会が9月6日に開かれ再生計画案が可決し、東京地裁より翌7日認可決定を受けた。一括弁済退会会員は預託金を85%カットし、残り15%を10年後に弁済。分割弁済退会会員は預託金を92%カットし、残り8%を6回6年弁済。継続会員は預託金85%をカットし、残り15%が新預託(10年据置)となる。

民事再生法申請 発生日:2005年02月17日
投稿日:2005年02月17日

 エビハラスポーツマン(株)(資本金5000万円 東京都中央区銀座8-17-6)は平成18年2月17日に東京地裁へ民事再生法を申請した。申請代理人は西村國彦弁護士(東京都千代田区内幸町1-1-7 電話03-5511-4400)ほか。監督委員には永島正春弁護士(東京都千代田区丸の内3-3-1 電話03-3211-1791)が選任された。

 同社は1970年4月に設立。72年8月にオープンした「水戸グリーンカントリークラブ」(茨城県常陸大宮市 45H)および87年に買収し改良工事を経て92年にオープンした「夏泊ゴルフリンクス」(青森県東津軽郡 18H)を経営。94年3月期には売上高約16億5000万円を計上。2004年12月期(2000年に決算期変更)の売上高は約8億4300万円に減少。負債は預託金債務約120億円を含む約125億7800万円。

page_top