法的整理コース

金砂郷カントリークラブ
会社更生法申請 発生日:2009年03月10日
投稿日:2009年03月10日

 パシフィックホールディングス(株)(資本金196億3947万4550円 千代田区永田町2-11-1)と子会社のパシフィックリアルティ(株)(資本金1億円)、(有)パシフィック・プロパティーズ・インベストメント(資本金300万円)の3社は3月10日に東京地裁へ会社更生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。申請代理人は渡邊顯弁護士(港区虎ノ門4-3-1 電話03-5405-4080)他3名。保全管理人は前田俊房弁護士(千代田区神田須田町1-2 電話03-5296-7676)。

 パシフィックホールディングス(株)は1990年(平成2年)3月に設立。95年4月に商号をパシフィックマネジメント(株)に変更し動産投資ファンド事業を経営。負債はパシフィックホールディングス(株)が約1636億4600万円、パシフィックリアルティ(株)が約994億2900万円、(有)パシフィック・プロパティーズ・インベストメントが約634億4700万円。3社の負債合計で約1940億円。

 パシフィックホールディングスの子会社でゴルフ場運営を行っているパシフィックスポーツアンドリゾーツ?及びゴルフ場保有の8社は更生法の申立ては行っていないが、グープで保有するゴルフ場8コースの売却は進めている。

(グループ8コース)
  松井田妙義ゴルフ倶楽部(群馬県)、相武カントリー倶楽部(東京都)、琵琶池ゴルフ倶楽部(栃木県)、金砂郷カントリークラブ(茨城県)、箱根くらかけゴルフ場(神奈川県)、おおむらさきゴルフ倶楽部(埼玉県)、吉井南陽台ゴルフコース(群馬県)、ミルフィーユゴルフクラブ(千葉県)

再生計画案認可決定 発生日:2004年10月27日
投稿日:2004年10月27日

 退会会員は預託金は99.5%カットし、残りを来年1月末までに一括弁済。継続会員の預託金は97.5%をカットし、残りを新預託金とする。

民事再生法申請 発生日:2004年02月25日
投稿日:2004年02月25日

 鈴縫観光(株)(資本金1000万円 茨城県久慈郡金砂郷町中利員2856-1)は平成16年2月25日に水戸地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。申請代理人は友光健七弁護士(東京都新宿区新宿6-28-8 電話03-3232-6001)。監督委員には植崎明夫弁護士(茨城県水戸市南町1-3-23 電話029-226-0900)が選任された。

 同社は4月に鈴縫工業(株)の100%出資で設立。86年にゴルフ場「金砂郷カントリークラブ」(茨城県久慈郡、18ホール)をオープン。91年7月には「会津河東カントリークラブ」(福島県河沼郡、27ホール)をオープンした。97年3月期に売上高約10億7900万円を計。99年9月に鈴縫工業(株)の資本系列からはずれ単独の経営となる。負債は約177億円(うち預託金約120億円)。

page_top