法的整理コース

霞台カントリークラブ
更生計画案可決 発生日:2006年07月21日
投稿日:2006年07月21日

 債権者集会が平成18年7月21日に開かれ、更正計画案が可決した。更生条件は預託金(30?1600万円)を57.7%カットし、残り42.3%を更生計画認可決定確定後3ヶ月以内に一括して弁済する。継続会員は57.7%カット後の42.3%が新預託金となる。更生条件は預託金(30?1600万円)を57.7%カットし、残り42.3%を更生計画認可決定確定後3ヶ月以内に一括して弁済する。継続会員は57.7%カット後の42.3%を新預託金とする。

会社更生法手続開始決定 発生日:2005年08月18日
投稿日:2005年08月18日

 (株)霞台カントリークラブ(資本金1億円 茨城県稲敷市四箇3405 東京都新宿区四谷1-5 )は6月22日に債権者のサウス・ウインド・リアルティ・ファイナンス・ケイマン・カンパニーなどより東京地裁へ会社更生法を申し立てられ、8月18日に同地裁より更生手続き開始決定を受けた。管財人は監督委員であった小林信明弁護士(東京都千代田区麹町1-6-9 電話03-3238-8515)。

 同社は1961年9月に設立。70年6月に霞台カントリークラブ(18ホール)をオープン。2004年3月にスポンサーとしてゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント傘下のゴルフ場運営受託会社(株)アコーディア・ゴルフに運営を委託。2004年同期の売上高は約7億7000万円に減少し債務超過に陥る。負債は約108億円。。

page_top