TOP > ゴルフニュース

ゴルフニュース

2021.11.17

ソフトバンクG系ファンド、アコーディアグループを買収

 ソフトバンクグループ傘下の米投資ファンド「フォートレス・インベストメント・グループ」は国内ゴルフ場最大手のアコーディアゴルフグループを買収すると16日発表した。アコーディアグループのゴルフ場は約170コース。アコーディアやグループ会社であるネクスト・ゴルフ・マネジメント(旧・オリックス・ゴルフ・マネジメント)の持ち株会社を数か月内に買収する。買収金額は非公表だが4000億円とみられる。
 売り手はアジア拠点の投資ファンド、MBKパートナーズだ。MBKは2017年、東証1部に上場していたアコーディアをTOBで完全子会社にした。当時の買収額はアコーディアの負債を含め1500億円。19年にはオリックス傘下のゴルフ場運営会社を追加で買収し、持ち株会社を設けて一体運営していた。経営改善で企業価値が高まったと判断し、売却先を探していた。フォートレスはアコーディアを傘下にした後、他のゴルフ場や練習場を追加買収して規模拡大を目指す。フォーレストは「マイステイズ」などのブランド名でホテルを運営しており、ホテルとゴルフ場の協業も進める。数年後に新規株式公開(IPO)や、他社に売却することで投資資金を回収するとみられる。(日本経済新聞)

page_top