TOP > 取引ガイド > 売買のヒント

売買のヒント

預託金の据置期間の延長は有効か投稿日:2009年07月25日
 預託金の据置期間を理事会の決議で延長できるのだろうか。預託金式ゴルフ会員権の発行コースでは経営会社社長がクラブの理事長を兼ねていることが多いようだ。よって理事会はコース経営会社の事務代行機関と考えられている。

 英国のクラブとはずいぶんその有り様が違うようである。理事の選任についても会社の恣意で任命されている。従って、会員に対して理事の選挙があるので一票を投じてほしいという案内もない。

 このような理事会が議決した据置期間の延長が有効かと言うことだ。結論を言うと、あくまで入会時の会則が有効とされている。会則に入会後10年とあれば10年で償還が受けられる。起算日が証券発行日や、また開場日とかの違いはコースによりある。名義変更により入会した会員も原始会員の入会時の会則を引き継ぐ。

 このようなことで理事会が決議した据置期間の延長は効力がない。ただ、入会時の会則に名義変更後改めて据置期間の起算をするとあれば、その会則は会員を拘束することとなる。

page_top